インプラントと他の治療比較

これまでの治療法

今までは失った歯を修復するためには人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、これらの治療法は隣の健康な歯を削らなければならないといった弊害がありました。また従来の治療では失われた歯根までもを回復させるすべはなく、歯がなくなることによって出来た顎の骨の中の空洞は放置されたままでした。そのまま骨の中の空洞がありますと、顎骨が萎縮する危険がありました。本来あるべき骨量が年月と共に大量に減少し、骨は萎縮した状態になってしまう場合もあるのです。それが原因となり入れ歯はフィットしなくなる場合もあります。

従来の治療とインプラント治療の比較

歯が一本抜けた場合

インプラント治療

インプラント治療

健康な歯をまったく削りません。歯の無い部分にインプラントを入れます。

従来の治療

従来の治療

健康な歯を削ってブリッジにします。
 

歯が数本抜けた場合

インプラント治療

インプラント治療

針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ固定式の人工歯を取り付けます。

従来の治療

従来の治療

入れ歯を固定するための針金が見た目だけでなく機能的にも不快です。
 

歯が全部抜けた場合

インプラント治療

インプラント治療

2本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

従来の治療

従来の治療

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりすることがあります。

インプラント治療の利点

  • 取り外し式の入れ歯に代わり固定式の入れ歯にすることができます。
  • 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されます。
    通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
  • 審美性が高いため歯を気にすることなく人前で話すことができます。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり食事が楽しくなります。
  • 楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

インプラント以外の治療法まとめ

歯のない部分の治療法は従来、固定性(ブリッジ)と可撤性(入れ歯)の2つがありました。これらの方法は、比較的簡便で利点も多い方法でありますが問題もあります。

入れ歯(義歯)の問題点

  • 異物感がある
  • 食べ物が食べ辛い
  • 不安定である(浮き上がり、脱落)
  • 舌感が悪い、喋りにくい
  • “入れ歯=老人”というイメージがある

従来の治療

ブリッジの問題点

  • 両側の歯を削る必要がある
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が悪くなりやすい(歯周病・虫歯の誘発)
  • 土台となる歯に負担がかかる(失った歯の数が多くなれば負担も大きくなる)

従来の治療